2013年11月2日

【YouTube】エンプティテーブル(リレー・フォー・ライフ)詩の朗読・ルミナリエ


エンプティ・テーブル
和訳 RFL横浜実行委員会
朗読 雨月れん
BGM  Mother's Son

この小さなテーブルは、尊厳と名誉の象徴です。
これは、ここに来ることができなかった 愛する人の席です。
がんを宣告された人たち、ルミナリエの灯を捧げた
大切な人たちの席です。
小さなテーブル それは、時にたった1人で病と闘う
患者のはかなさの象徴。
白いテーブルクロス それは、命を懸けた闘いを支える
医師、看護師、研究者たちの象徴。
花瓶のいちりんのバラの花 それは、家族や友人の
揺るぎない愛情と 病と闘う強い意思の象徴。
 花瓶のピンクのリボン それは乳がんに限らず、がんの治療
法開発を支えている多くの人々の襟に飾られてきたリボンの象徴。
日本では本年、33万人をも超える人々ががんの犠牲に
なると考えられています。
 皿の上の一切れのレモン それは、この重大な病との
苦しい闘いの象徴。
毎年53万を超える新たな患者が闘っています。
 皿の上にちりばめられた塩 それは、数えきれない患者の
苦しみの涙と愛する人を失った家族や友人が流した涙の象徴。
ふせられたグラス それは、今日のこの日を共に祝うことが
できなかった人々への追悼。
でも、このキャンドルは私たちの心にともる希望の光。
サバイバーがくれる希望の光。
リレーで集められた基金と、医療に携わる人々の努力に
よってもたらされるがん根絶への希望の光。
1つの世界、がん撲滅への1つの希望。
あなたの一歩が世界を変えるのです。